安心安全な家を建てたいならアイダ設計に依頼|欠陥住宅のリスク回避

メンズ
  1. ホーム
  2. 資産価値を考えた家探し

資産価値を考えた家探し

住居

大都市の地価は安定する

マイホームを購入する時にはマンションにするか一戸建てにするかで、その後の生活様式が変わってきます。特に大阪のような大都市では地価が高いのでマンションを選ぶ傾向が強くなっています。マンションの場合は土地が共有になるので、資産価値よりも生活環境の便利さなどが優先されます。しかし土地の資産価値に重きを置く場合は一戸建ての方が有利です。大阪のような大都市で新築の一戸建てを購入するのはかなりの資金が必要になります。ローンの負担が大きくなります。そこで選択肢となるのが中古の一戸建てです。建物は古くても土地の資産価値はあります。特に大阪のように地価が高くて安定している場所では、土地を持っていることに意味があります。これから大阪に一戸建てを購入しようとする人は、中古物件を選ぶメリットも考える必要があります。

土地付き中古の資産価値

中古にしろ新築にしろ一戸建てを求める人が多いのは、土地に付随している資産価値です。特に大阪のように地価が高値で安定している場所では、マンションよりも土地付き一戸建てを所有するメリットは大きくなります。将来的に土地を売却すればそれなりの利益が得られますし、広い土地なら有効活用することによって収益を得ることもできます。中古一戸建てが有利なのは値段が安いこと、リフォームによって耐用年数を伸ばせることです。大阪は30分程度の通勤圏なら、比較的程度の良い中古住宅が手頃な値段で購入できます。この点は首都圏よりも有利な点です。首都圏の場合は一時間の通勤圏でもかなりの値段になります。大阪でマイホームを購入する場合は、資産価値の面でマンションより一戸建ての方が有利です。